朝活習慣

ある程度の年齢になってくると、健康の事は一番気になる事です。家族の健康はもちろんのこと、自分自身の健康があっての日々の生活になるのですから、とても大切な事です。

ある程度の年になってきた私たちアラフォー世代は、そろそろ体を考えて生活習慣を変えていく世代でもあります。

今までは、生活の時間も夜型になっていました。子供も大きくなったせいもあり、夜型の生活はさらに進んでいたのですが、これが悪循環で朝がとにかく辛い。朝、なんとか起きて会社へと行き、帰るのも遅く夜ごはんも8時過ぎか、9時過ぎくらいになりまた遅く寝る。そのサイクルで金曜まで会社で週末はゆっくり朝寝する。それで一週間のリセットとしていたのですが、年のせいかこれがまた全然リセット出来なくなってきて、週明けから体調がいまいち悪いなんて事が多かったのです。

そこで、大幅に時間の流れを変える事にしました。子供が大学に進学に伴い、家を出たので時間配分をかえ、日々の生活習慣を少しづつ変える事にしました。始めは、朝も辛いのはかわらなかったのですが、何日間やって週末もそのペースにすることで体を慣れさせて行く。

この事で気が付いたのが、週末にリセットのつもりで朝寝をして体の体内バランスを自分で乱していた事です。体の中では、土曜日も日曜日だから休むということはなく、日々活動を行っています。なので、サイクルを変えて休んだと思っていても自分の体自体は休まらず、そのサイクルに合わせようと逆に負担をかけていたんじゃないかなという事。

今は、週末もいつもと同じように普段通りに起きて必ず朝ごはんを頂き、それから用事をするようにしています。週末も同じサイクルで、生活するようになってからは月曜日の朝がそれほど辛くなくなりました。それと、朝に少し運動をすると1日の活動がよりスームズになると思います。その為に取り入れたのが朝のラジオ体操。

みなさんも子供の事にはやったと思う、あのラジオ体操です。意外と朝の運動としては、いい運動量なので御飯も美味しい頂けるようになりますよ。

このページの先頭へ