まつ毛のメイクとケアについて

ポイント説明

まつ毛のメイクはマスカラや付けまつ毛、マツエクなどがあると思います。私は普段マスカラをします。マスカラにもロングタイプやボリュームタイプなどさまざまな種類があり、自分のなりたい目によって選ぶことができます。綺麗系ならロングタイプ、可愛い系ならボリュームタイプがおすすめです。お湯でオフできるタイプのものは洗顔にも便利ですよ。

私は今は金髪なのでそれに合わせて明るい色の眉マスカラをマスカラを塗ったまつ毛の上から塗り、まつ毛の色を薄くしています。これをすると外国人風メイクに近づけます。髪色や気分に合わせて色を変えれるのでマスカラや眉マスカラは便利です。マスカラや眉マスカラも1つ千円以下のものもたくさんあるのでいろんな色を楽しめます。

最近は抜け感を大事にするメイクが多いので付けまつ毛はあまりつけなくなりました。しかし、目尻だけやしっかりメイクしたいときはマスカラに比べて目ヂカラをしっかり強くすることができるので持っていて損はしません。つけまのりは付属のものより単体で売っているもののほうがしっかり着くことが多いです。付けまつ毛は使い回すことができるので経済的にはそんなに負担にはなりませんでした。

マツエクは一度したことがありますが、ケアをしっかりしないと取れてしまいます。取れて来てしまうと左右のバランスが変になりあまり綺麗ではないので頻繁にサロンに通わなければなりません。

しかし、マスカラや付けまつ毛と違い化粧を落としてもついているのですっぴんでも綺麗なまつ毛になれます。毎朝、マスカラや付けまつ毛をする時間も短縮できます。またマスカラより長く、くるんとしたまつ毛になります。付けまつ毛より違和感がなく自然な印象になります。経済的には安くても両目で3、4千円なので決して安いとは言えません。これらのようにまつ毛には結構負担がかかっていることが多いです。

マスカラや付けまつ毛、マツエクを繰り返すことで自まつ毛が抜けてしまったりすることも多いでしょう。お肌や髪をケアするようにまつ毛もケアが大切です。まずはマスカラや付けまつ毛、付けまつ毛のりをしっかり落とすことが大切です。化粧を落とした後は、まつ毛にも美容液を塗ってあげるとまつ毛の痛みがなくなり、自まつ毛が伸びます。自まつ毛が伸びるとマスカラの伸びも良くなります。

市販のまつ毛の美容液を使うだけでも効果はありますよ。マツエクの場合、マスカラや付けまつ毛よりもまつ毛の負担は多くなります。マツエクの種類によっては使えないメイク落としや美容液もあるのでサロンの説明をしっかり聞きましょう。まつ毛は目の印象を左右する大事な部分です。しっかりケアし、綺麗なまつ毛を保ちましょう。

このページの先頭へ