まつげを多く長くするために

イメージ画像

まつげが薄くスカスカしていたり、短いと、素顔の目の印象が薄く、寂しい顔になりがちです。マスカラで長さやボリュームを出さなくても、まつ毛の印象を良くする方法をご紹介します!すっぴんでも可愛い目元を目指しましょう。

すっぴん力がグンとアップ、まつげ美容液。様々なメーカーから出ているまつげ美容液。まつげのトリートメントとして、お風呂上りに毎日たっぷり塗るのがオススメです。
マスカラのようなブラシタイプではなく、先が柔らかいチップになっているものなら、お肌にも優しい肌触りでケアできます。
髪の毛と同じように、まつげだってケアしなければ痛んでいく一方なのです。また、まつげ美容液は、朝のマスカラ下地としてもオススメです。まつげ美容液を塗って乾いてから、ホットビューラーでカールすると、まつげも守られる上、カールも落ちにくい!という一石二鳥テクニックなんです。

まつげを守りたいなら、デイリー使いはお湯で落とせるマスカラを。
まつげにとって負担が大きいのは、メイクではなく、実はクレンジング。ウォータープルーフマスカラを塗ると、きちんと落とさないと!と、ついゴシゴシこすってしまいがち。
この時にまつげが何本か抜けてしまう経験は、みなさん経験されているのではないでしょうか。
マスカラを落とすためにまつげを挟んだり、引っ張ったりするのには、結構な力がかかっているんです。繊細な目元やまつげには、強い刺激になってしまいます。
なので、毎日使いのマスカラは、お湯で落とせるものを使いましょう。洗顔だけですっきり落とせるので、クレンジングの手間も省け、まつ毛も守られます。
ウォータープルーフのものを使うのであれば、クレンジング時は、オイルをたっぷり含ませたコットンを、じっくりまつげに挟み、きちんとマスカラを浮かせてから、ゆっくりとコットンを引き、落とします。少ないクレンジングオイルでゴシゴシこすってしまうと、まつげに大きな負担がかかります。

地のまつげを大切にケアして、すっぴんでもぱっちりした印象を目指してくださいね。

このページの先頭へ