睫を魅力的に魅せてくれる影の立役者

女性にとって目の大きさというのは、とてもコンプレックスを抱えやすい体の一部分ではないでしょうか?という私も奥二重の人生を歩んできた為、目がパッチリ二重で大きな目の友人をすごくうらやましいと思っていました。

でもある時、決して自分より目がパッチリしているとは言えない、いやむしろ私より小さいのでは?と思っていた友人がパーティの時にすごく魅力的な雰囲気になっていて、なんというか…奥二重を生かしたアジアンビューティーといった感じでした。いつもと違うのはメイクだ!

と思わず、アイメイクの仕方伝授して??と彼女に懇願しました笑(彼女は普段ほぼスッピンで過ごしており、普段から気合いの入るタイプではなかった為。メイクの腕前を自負しているのか普段との違いが大きい方がみんなビックリするでしょ?とのこと笑)

そんな彼女のここぞという時!の場に初めて遭遇した私はまんまと彼女の術にやられたワケです。彼女曰く、「目そのものに気を取られすぎてない?実はまつ毛ってすごく印象変わるんだよー!」と言うんです。

イヤイヤ私だってマスカラぐらいオトナの女性だし、一応たしなんでますよー。グリンとビューラーで根本からカールして、漆黒のマスカラを…と言いかけた時、「イヤイヤ、黒は確かに目を大きくハッキリ見せてくれるけど似合う色ってのは人それぞれ違うんだよ!肌の色が違うのと同じでさ、リップだって色々な色があるでしょ?逆に目を小さく見せてしまう事もあるから気をつけて。」…そうなんだ。今まで黒信者だった私は目からウロコでした。

瞳の色より少しだけ明るい色を選んであげると自然に見えて目力もアップするんだそうです。
「ビューラーもカールが強ければいいってもんじゃないよー!力を入れたらそれだけまつ毛に負担がかかるんだし、奥二重なら特に、スッと自然に少しだけ上向きになっている位でちょうど良いと思うよ。マスカラもゴテゴテした繊維入りのものより、まつ毛自体にツヤを出してくれて何よりまつ毛の為に良い成分が含まれているものじゃなくちゃね?これは奥二重の人だけじゃないけどね」

た、確かに。私はまつ毛の存在を気にするあまり単体で目立たせよう!とだけ考えていたけれど、トータル的に「引き」で見るのが大切なのね~。何より彼女が魅力的に見えたのは、自分をいたわってあげる事を大切にしていたメイクだったからかもしれないなと気づきました。

まつ毛だけではなく多方面からコンディションを整えて、内面もいい女になりたいと思った出来事でした!

このページの先頭へ