自分に合ったアイメイク

人は潤った大きくて可愛い目元である方が魅力的であると思っています。それで、メイクではアイシャドーや、アイラインを塗ります。一重の人はアイプチや、アイテープで二重を形作ったりします。そして目元には、まつげのつけまつげのエクステやビューラーやマスカラでまつげを濃く多く上向きに形作るようにします。

目の玉には、カラコンと言われるカラーコンタクトを入れたりして、目の玉の色を変えたり、目の玉を大きく形作る人も居ます。これらのアイメイクの道具はどれも、なりたい目に近づくためのものであって、洗顔をしてしまうと取れてしまいますので、メイクごとに毎回装着しないといけません。

だからその都度、メイクの仕方で目元の雰囲気を変えることが出来ると言うのも利点の1つでしょう。その日によって、行く場所が違うなら、会合や会食なら、大人女子を目指したアイメイクをする事も出来ますし、コンパや、飲み会などでは、可愛い女子を装ったアイメイクをする事も出来ます。そして、女子会や、帰省や仕事などでも、地味目の目元や、明るい目元などに変えることが出来ます。

このように色々なシュチュエーションでTPOに合わせた目元に変えることが出来るアイメイクですが、どれをイメージしたメイクにしても、全て全く自分のカラーが死んでしまうようなメイクではおかしく見えるようです。自分に合ったアイメイクをする事で、どのパターンのアイメイクをしたとしても、しっかり顔に溶け込んで馴染むのです。

無理やり、このタレントと同じアイメイクにしたとしても、それが無理矢理で似合っていないのなら、滑稽なメイクになってしまうのです。アイプチでも大きな二重を作るか、細い二重を作るかで、その目の雰囲気が一変して変わります。しかし、これが無理矢理大きな二重を作って目をひんむいたようなメイクになったとしたら、綺麗に見せるのではなくて、おかしな仮装パーティのメイクになるのです。だから、アイメイクは、なりたい自分の目元をつくりますが、自分にあったアイメイクをする事が必要だと思います。

アイメイク

このページの先頭へ