ポイントは老廃物を流す

女性の悩みの一つに、スキンケアがあります。他の人がどんな風にやっているか、どんなものを使っているか気になりますよね。ある一例をステップ別に説明していきます。まずは一番はじめのクレンジング。しっかり落としたいけど、潤いも程よく落としたいという方におすすめなのはクリームタイプのクレンジングです。

クレンジングの役割は表面の化粧汚れを落とすことで、あまり洗浄力の強いものを使うと、肌に必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。表面の汚れを落とすだけならばクリームクレンジングでも十分なのです。クレンジング剤を顔につける際は、ごしごしとこすらずに、力を入れず顔に置いてやさしく伸ばすイメージでなじませていきましょう。ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用している方は、目元専用のリムーバーを使用することをおすすめします。目元は特に皮膚が薄くデリケートな部分ですので、とにかくこすらずにやさしくなでるイメージで洗うのがコツです。

洗顔の際は泡立てネットなどでしっかりと洗顔料を泡立て、手が顔の皮膚に直接触れないようにし、泡だけが顔の皮膚に触れている状態で洗っていきます。顔の上の泡を転がすイメージです。このときもゴシゴシとこすらずに、ふんわりと洗っていきましょう。小鼻の脇、眉間の間、唇の下のくぼみ、目元など窪んでいて洗いにくい場所にも泡を行きわたらせて洗顔していきます。

水で流す際もこすらずに、手で水をたっぷりすくい、水を顔にかけるように流していきます。洗顔から化粧水にうつるまでは、出来るだけ時間を置かずに、洗ったらすぐに化粧水を塗るようにしましょう。化粧水と乳液を塗る範囲は、顔はもちろんですが、顔の近くにあり、人の目に触れやすい首やデコルテまで塗ることをおすすめします。化粧水を塗るときは肌全体に化粧水をなじませた後、手で優しく化粧水を押し込むように浸透させていきます。

冬は空気の乾燥、夏はクーラーの風などで、何かとお肌の乾燥に悩まされている方で、化粧水を肌につけたときに突っ張り感や、ピリピリとした感覚になる方におすすめなのが、化粧水の前に導入液を塗ることです。さらさらタイプの低刺激の導入液を塗ってから化粧水を塗ることで、突っ張り感やピリピリ感が解消されることがあります。乳液を塗る際は、手のひらの上で乳液をなじませ、両手を合わせて乳液を体温で少し温めてから顔に置くような感じで塗っていきます。浸透させた化粧水を乳液で蓋をするイメージです。

これですべての工程はおしまいなのですが、もうひと手間かけたいという方におすすめなのが老廃物を排出してくれるマッサージです。乳液などをなじませた手で、顔の中心から左右のこめかみに向かって、指の第一関節と第二関節の面の部分を使ってマッサージします。ぎゅっと強い力は加えずになでるようにおこなっていきます。

リンパに老廃物を集めて流すイメージです。顎からこめかみ、鼻の下からこめかみ、鼻の脇からこめかみ、おでこの中心からこめかみ、というふうにこめかみに向かってリフトアップをしていきます。こめかみに持って行ったあと、今度は耳の横を通って、耳の裏の下のほうにあるくぼみにおろします。耳の裏のあとは首を通って、鎖骨の下にあるデコルテに流していきます。この工程をはじめから3~4回繰り返します。様々なスキンケアの方法がありますが、大切なのは毎日続けることです。自分にあったスキンケアを見つけて、肌美人を目指しましょう!

このページの先頭へ