水分補給の大切さを心掛けよう

水

脳溢血や脳梗塞になりやすい人には特徴があります。

脳疾患になりやすい人は、1人暮らしの男性が多いです。
1人暮らしの男性は、働いて来て毎日自炊をするのがめんどうですので外食が多かったり、スーパーやコンビニで販売されてるお惣菜やカップヌードル等のインスタント食品になりがちです。1人暮らしの男性は、魚や野菜が不足しがちです。

カップヌードル等のインスタント食品は、化学調味料ですので栄養的にも?あまり良くありません。
体内のミネラルを吸収して減らしてしまう事もあります。カップヌードル等のインスタント食品を食べるのは、食事としてではなく?おやつ感覚で食べるのが良いです。

タバコも同じく体内のビタミン等を吸収して減らしてしまいますので脳疾患だけでなく様々な病になりやすいです。

お酒の好きな人も脳疾患になりやすいです。ストレス解消に適度なお酒を飲むのは良いです。毎日晩酌をしながらお酒を飲むのも飲み過ぎなければ良いですが?おつまみ系を食事にしてますと肥満が起こり?肥満から様々な病が起こります。

お酒には利尿作用が有りますので体内の水分が尿となり体内に排出されます。体内の水分が排出され過ぎると脱水症状が起こり目眩がしたり熱が出たりします。

脱水症状や体内の水分が少なくなると血液の濃度が濃くなり血液が ドロドロになり
体内で固まったりします。血管の中でドロドロした固まった血液が詰まると脳梗塞になります。
脳梗塞が起こると身体が麻痺する事もあります。

ですので水分補給が大切と言われてるのも この為です。

成人で1日に2リットルの水分を飲むのが望ましいと言われてます。

水分でも 利尿作用が強い コーヒーは、かえって体内の水分を排出されますので注意が必要です。

ミネラルも できれば摂取した方が良いです。お砂糖が たくさん入ったジュースより ミネラルの多いミネラルウォーターや麦茶に塩を入れて飲むのが良いです。お砂糖の取り過ぎたら カルシウムが奪われますので注意が必要です。

このページの先頭へ