スキンケアを選ぶためのお肌の知識

日本には数多くのお化粧品があります。お化粧品はリーズナブルの物から高価な物まで好きに選べるのがメリットでもあります。
ブランド、シミ対策などの効果やキャッチフレーズ、成分、パッケージ、低価格、オーガニックなど一人一人選ぶポイントが違うでしょう。
では、ここでお化粧品を選ぶ前に必要なのが自分自身のお肌の仕組みと状態をを知ることです。
そうするとお化粧品屋さんに勧められるがまま購入してしまったということがないでしょう。

1、お肌は血液から栄養をもらっている。
日本はお化粧品産業です。どこかお化粧品はお肌の中まで入って栄養を届けると思いがちではありませんか?
それは大きな間違いです。お風呂に入っても入浴剤が皮膚に吸収されないように、お肌は吸収作用はないためお化粧品からは栄養はもらえません。血液から栄養をもらいます。
なので高いお化粧品をつけてももったいないということです。

2、角層までは浸透する。
お肌が吸収されないのであれば、何をつけてもいいというわけではありません。お化粧品は表皮の一番上の角層までは浸透します。そのため、つけるものも大事です。
一番あうものは、赤ちゃんや子供のように皮脂膜という天然の保護膜がでることですが、年齢とともにどうしても皮脂膜は出にくくなるので、お化粧品に頼らざるを得ません。 では、何をつけるかというと、やはり皮膚にある成分や食べる成分、自然にある人口でない成分があいます。
ヒアルロン酸配合とかかれたお化粧品もよく見るでしょうが、そのお化粧品をつけたからといってヒアルロン酸が入ることはないですが、ヒアルロン酸はお肌の真皮という部分にある成分のため、上につけると馴染みやすかったりお肌との相性はよいです。

3、お肌は生きていることを知る。
体も元気な日もあれば体調が悪い日もある。寒い日があれば暑い日もある。お肌も一緒です。元気な時もあれば乾燥している時、肌荒れしているとき、敏感な時、暑い時寒い時いろいろです。その肌状態に合わせたスキンケアが大切です。特に女性は生理があります。生理前からお肌は敏感に傾きやすくなるため、例えばお化粧水でも少しお肌を労わる成分が入っているものをつけるとか、夏と冬でつけるものを変えるとかも大切です。

以上3点、お肌の仕組みを混ぜながらスキンケアのポイントをお伝えしました。

一般的なお肌の知識がわかれば、あとはご自身のお肌を知ることも大切です。
知識をつけると意識が変わると言います。
意識づけは綺麗の近道なので、ぜひ、意識をもって今よりも綺麗でいられる努力を忘れずに。。

このページの先頭へ