ルミガンでアイメイクを

ルミガンというのはアメリカで開発された緑内障治療薬で、ビマトプロストという有効成分が大きな治療効果をもたらすことで知られています。しかしこのビマトプロストには発毛や育毛を促進するという副作用が認められ、これがいつしかアイメイク用の美容アイテムとして活用される結果となったのです。

インターネットなんかで情報を調べていると、たまに失明のリスクがあるとかないとか根拠もない話も見られますけれど、ルミガンは元々眼圧を低下させる目的で開発され優れた効果が立証されている点眼薬なのです。あくまで緑内障治療を想定した優れた医薬品であり、失明のリスクの根拠などはどこにもありません。

実際に世界中の多くの患者の方々がその優れた効果の恩恵に救われているのです。このようにルミガンはまつ毛が伸びたりするといったこと以外に、重大な副作用が確認されているような危険な代物ではありませんので、アイメイクに大いに活用していくというのも一つの手です。その肝心の効果のほども抜群であり、およそ8割にも及ぶ体験者が効果を数ヶ月以内に実感しているというのです。薄い目元に悩み続けてきたという方ならば、一度くらいは試してみる価値があるかもしれません。

このページの先頭へ